不動湯温泉


土湯温泉の更に奥の山懐にひっそりと建つ宿。伝統と歴史が感じられ、まさに

秘湯と呼ぶに相応しい温泉です。鄙びた温泉情緒を味わうにはもってこいでしょう。



不動湯温泉
不動湯温泉

階段
常磐の湯(混浴)
羽衣の湯(混浴)
浴場へ続く階段
常磐の湯(混浴・単純炭酸鉄泉)
羽衣の湯(混浴・単純泉)

内湯(女湯)
内湯(女湯)
内湯(女湯・単純炭酸鉄泉)
内湯(女湯・単純泉)

露天風呂(混浴)
渓流
露天風呂(混浴・硫黄泉)
露天風呂の脇に流れる渓流




【 場 所 】
福島県福島市土湯温泉町字大笹25
【 泉 質 】
単純炭酸鉄泉、単純泉、硫黄泉
【 効 能 】
神経痛、胃腸病、リュウマチ、筋肉痛 など
【 時 間 】
10時〜15時
【 料 金 】
500円
【 電 話 】
0245−95−2002
【 定 休 】
冬季休業(1月上旬〜3月末)
【 アクセス 】
東北自動車道・福島西ICからR115、土湯温泉経由で約15km程。土湯温泉街からは約4kmですが、最後の約2kmは未舗装の林道を進むことになります。各所に標識が有るので見落とさないようにして下さい。
【 コメント 】
ここは、宿に着くまで一苦労、お風呂に行くのも一苦労という感じですが、その分秘湯気分には事欠きません。宿の周囲は深い緑に囲まれ、普段の人工的な世界とは別世界のようです。湯船は全部で5つあり、混浴の内湯が2つと女性用の内湯が2つ、それに混浴の露天風呂が1つという構成。 『 常磐の湯 』 は客室の近くにあるのですが、 『 羽衣の湯 』 へはかなり勾配のある長い階段 ( 80段くらい ) を降りて行く事になり、谷底の露天風呂へは、更にそこから屋外の階段を降りて行くことになります。因みに、上記の階段の写真は、途中にある踊り場から撮ったものです。この宿の浴場には、カランやシャワーといったものは設置されていませんので、本当にお湯に浸かるのが目的といった感じでした。食事は、朝・夕共に部屋食です。
1泊2食付 8,000円〜(税別・サ込)
http://www.naf.co.jp/fudouyu/

(2004.7.15〜16)、(2004.8.27〜28)
Back Home Next

温泉ガイドトップページへ