金 湯 館


上信国境にほど近い人里離れた山中に建つ、秘湯気分満点の温泉宿。

森村誠一の小説 『 人間の証明 』 の舞台となった宿としても有名。



日本秘湯を守る会



金湯館
玄関
金 湯 館
玄 関

浴室へ
浴室はこの先です

内湯(男湯)
内湯(女湯)
内 湯(男湯)
内 湯(女湯)

客室
客 室

夕食
朝食
夕 食
朝 食




【 場 所 】
群馬県安中市松井田町坂本1928
【 泉 質 】
カルシウム−硫酸塩泉
【 効 能 】
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、冷え性、疲労回復 など
【 時 間 】
10時〜19時
【 料 金 】
500円
【 電 話 】
027−395−3851
【 定 休 】
無 休
【 アクセス 】
上信越自動車道・松井田妙義ICからR18を軽井沢方面へ向かう。碓氷峠旧道を通り、玉屋ドライブイン脇の 『 霧積温泉入口 』 を右折し霧積湖方面へ。そのまま道なりに進むと右側に 『 金洞の滝 』 が見えて来るので、すぐ先の分岐を右折。(左へ行くと 『 きりづみ館 』)林道のため駐車場が無いので、車は道路の脇の空いているスペースに駐車する事になります。かなり道幅が狭くなっており、街灯も無いので、暗くなってからの通行は遠慮したい感じです。
【 コメント 】
お風呂は、男女別の内湯が各々1つだけという、いたってシンプルな構成。お湯は無色透明で、微かに硫黄臭が有り、少し浸かっていると肌に泡が付着します。更に、湯船の淵からは掛け流しを証明するように、大量のお湯が溢れ出しています。また、泉温は少し温めで、思わず長湯してしまう丁度良い湯加減です。但し、客室(本館)の方は、廊下とガラス戸で仕切られているだけの造りですし、建物や設備にも流石に年季を感じます。それでも、それらを補って余りあるほど、温泉はピカイチだと思います。宿に着く迄の苦労を考慮しても、一度は入湯してみたいと思わせる、秘湯モード全開の宿です。食事は、朝・夕共に部屋食です。
1泊2食付 9,500円〜(税別・サ込)
http://www32.ocn.ne.jp/~kirizumikintokan/index.html

(2006.10.27〜28)


《 おまけ 》


金洞の滝
金洞の滝

付近の眺望
付近の眺望
付近の眺望
付近の眺望
Back Home Next

温泉ガイドトップページへ