水戸屋旅館


東吾妻山の中腹にある山深い温泉地に建つ宿。

樹齢800年の巨大檜で造られた露天風呂が有名。



日本秘湯を守る会



水戸屋旅館
ロビー
水 戸 屋
ロ ビ ー

内湯(男湯)
内 湯(男湯)

内湯(女湯)@
内湯(女湯)A
内 湯(女湯)@
内 湯(女湯)A

展望露天風呂(混浴)
露天風呂(混浴)
展望露天風呂(混浴)
露天風呂(混浴)

展望露天風呂からの眺望@
展望露天風呂からの眺望A
展望露天風呂からの眺望@
展望露天風呂からの眺望A

夕食
朝食
夕 食
朝 食

客室
客 室




【 場 所 】
福島県福島市土湯温泉町字鷲倉山1−3
【 泉 質 】
単純泉、硫黄泉
【 効 能 】
胃腸病、神経痛、婦人病、慢性湿疹、高血圧症、動脈硬化症、リュウマチ など
【 時 間 】
10時〜15時
【 料 金 】
500円
【 電 話 】
0242−64−3316
【 定 休 】
冬季休業(11月中旬〜4月下旬)
【 アクセス 】
東北自動車道・福島西ICからR115を猪苗代方面へ進み、東鴉川トンネルを抜けてすぐの交差点を右折。県道30号線を磐梯吾妻スカイライン方面へ進み、鷲倉温泉の先に有る看板を右に入る。その後は、細い林道を道なりに10分程進む。
【 コメント 】
男女別の内湯と露天風呂が1つずつと混浴の露天風呂が2つ有ります。(訪問時には、内湯に併設されている露天風呂が壊れていたらしくお湯を張っていませんでした。来シーズンには復活予定だそうです。)今回は、併設の露天風呂が使われていないので、広いほうの内湯が女性用になっていました。従来は、交代制だったようです。カランは、内湯にだけ設置されています。2階にある瓢箪型の混浴露天風呂は、17時〜20時の間は女性専用タイムとなっています。紅葉シーズンのここからの眺望は絶景で、屋根を取り払ってしまいたいと思ってしまいました。因みに、ここの脱衣所は男女別になっています。建物の裏手の源泉近くにある混浴露天風呂は、一度館外に出て裏の駐車場を通って行く必要があります。渓流沿いにあり結構オススメですが、展望露天風呂からの眺望と比較するとちょっとインパクトには欠ける感じ。それでも満足度は高いレベルだと思います。こちらの脱衣所は男女共用。この宿は日帰り客も多く訪れ、団体客も来るようなので結構混雑していました。食事は、夕食は部屋食、朝食は広間です。
1泊2食付 10,000円〜(税別・サ込)

(2007.10.22〜23)


《 おまけ 》


水戸屋旅館へ
水戸屋旅館へはここから入る

付近の眺望@
付近の眺望A
付近の眺望@
付近の眺望A



それでは、ここから幕滝へトレッキングに出発しましょう。
Back Home Next

温泉ガイドトップページへ