雲 海 閣


那須街道沿いに建つ素泊りと日帰り入浴の宿。

鹿の湯源泉を掛け流しで24時間入浴可能。



雲海閣
玄関
雲 海 閣
玄関には『鹿の湯源泉』 を引き湯
している施設お揃いの暖簾が

浴室へ@
浴室へはこちらから
右へ曲がると明礬泉

浴室へA
浴室へB
このトンネルを抜けて
階段を降りると硫黄泉

内湯(男湯、硫黄泉)
内湯(女湯、硫黄泉)
内 湯(男湯、硫黄泉)
内 湯(女湯、硫黄泉)

内湯(男湯、明礬泉)
内湯(女湯、明礬泉)
内 湯(男湯、明礬泉)
内 湯(女湯、明礬泉)

客室
客室からの眺望
客 室
客室からの眺望
この下が那須街道です




【 場 所 】
栃木県那須郡那須町大字湯本33
【 泉 質 】
酸性含硫黄−カルシウム−硫酸塩・塩化物泉、単純硫黄泉
【 効 能 】
筋肉痛、神経痛、冷え性、慢性皮膚病、慢性消化器病 など
【 時 間 】
8時〜21時
【 料 金 】
400円 [ 1時間まで ]
【 電 話 】
0287−76−2016
【 定 休 】
無 休
【 アクセス 】
東北自動車道・那須ICより那須街道(県道17号線)を湯本方面へ約12km程進む。那須湯本温泉街の那須街道沿い左側にあります。但し、入口は那須街道の裏手になりますのでご注意。
【 コメント 】
鹿の湯源泉を使用している浴室へは、暗いトンネルのような通路を通り、更に40段以上有る階段を降りて行かなければなりません。浴槽は木造で2つに分かれています。右側の浴槽の方が若干温めで、色も白色です。左側の浴槽は、それと比べると少し青味掛かっている感じがしました。明礬泉の浴室は、トンネルに入る手前右側に有ります。無色透明(それでも湯の花が沈殿していて、湯船のお湯はちょと濁りが有る感じです。)のお湯は大丸温泉から引き湯しているようで、タイル張りの浴槽が1つだけです。こちらの女湯はかなり小さめです。両方共にシャワーやカラン等は有りません。建物や設備は年季が入っていますが、不快なものではありませんでした。個人的には、何とも言えないレトロな感じが気に入りました。また、玄関脇に有る自動販売機の価格設定が市中の物と同じというのもナイスです。周りに買い物する場所が何も無いというエリアではないので割とリーズナブルに活用でき、那須周辺の観光拠点にはもってこいだと思います。
素泊り 4,875円〜(税・サ込)

(2007.10.23〜24)



《 外湯めぐり 》

こんばいろの湯@
こんばいろの湯@

こんばいろの湯A
こんばいろの湯B
こんばいろの湯A
こんばいろの湯B

こんばいろの湯C
こんばいろの湯C


【 時 間 】
9時〜18時
【 料 金 】
無 料
【 コメント 】
県営無料駐車場向かい側の那須温泉神社前に有る足湯です。平成19年4月に新設。
Back Home Next

温泉ガイドトップページへ