紅葉特集 磐梯吾妻スカイライン

このページでは、磐梯吾妻スカイラインの紅葉の様子を

吾妻八景をメインとして掲載しています。





それでは、磐梯吾妻スカイライン・高湯料金所からスタートです。



高湯料金所付近 @ 高湯料金所付近 A
高湯料金所付近 @
高湯料金所付近 A

(平成19年10月22日現在)



白樺を主とした樹海が広がり、左右には、蔵王、安達太良の連峰が展望できます。



白樺の峰 @ 白樺の峰 A
白樺の峰 @
白樺の峰 A

(平成19年10月22日現在)



かつてイワツバメが飛び交ったことから名付けられた渓谷。不動沢橋から眺める紅葉は圧巻です。



つばくろ谷 @ つばくろ谷 A
つばくろ谷 @
つばくろ谷 A


つばくろ谷 B つばくろ谷 C
つばくろ谷 B
つばくろ谷 C

(平成19年10月22日現在)



磐梯吾妻スカイラインは、福島市西方の高湯温泉から土湯峠へ吾妻の山並みを縫うパノラマコース。平均標高1,350mを彩る絶景を堪能でき、「日本の道100選」にも選ばれています。



磐梯吾妻スカイライン
磐梯吾妻スカイライン

(平成19年10月22日現在)



天狗が舞い遊んだという言い伝えにちなんだ景勝地。斜面に美しい紅葉が広がります。



天狗の庭 @ 天狗の庭 A
天狗の庭 @
天狗の庭 A

(平成19年10月22日現在)



磐梯吾妻スカイライン。



磐梯吾妻スカイライン @ 磐梯吾妻スカイライン A
磐梯吾妻スカイライン @
磐梯吾妻スカイライン A


磐梯吾妻スカイライン B 磐梯吾妻スカイライン C
磐梯吾妻スカイライン B
磐梯吾妻スカイライン C


磐梯吾妻スカイライン D 磐梯吾妻スカイライン E
磐梯吾妻スカイライン D
磐梯吾妻スカイライン E

(平成19年10月22日現在)



一切経山と吾妻小富士に挟まれた湿地帯。ここを拠点に、吾妻の山に直に触れる散策に出発できます。



浄土平 @ 浄土平 A
浄 土 平 @
浄 土 平 A


浄土平 B 浄土平 C
浄 土 平 B
浄 土 平 C

(平成19年10月22日現在)



それでは、ここから浄土平周辺の散策に出発しましょう。



直径150m、深さ13m程のコニーデ型火口湖。すり鉢状の地形に濃紺の水を満面にたたえています。浄土平有料駐車場から約5分。



桶沼
桶 沼

(平成19年10月22日現在)



磐梯吾妻スカイライン。



磐梯吾妻スカイライン
磐梯吾妻スカイライン

(平成19年10月22日現在)



双竜とは磐梯と安達太良の秀峰を、空で対峙する二匹の竜に見立てたとされます。



双竜の辻 @
双竜の辻 @


双竜の辻 A 双竜の辻 B
双竜の辻 A
双竜の辻 B

(平成19年10月22日現在)



磐梯吾妻スカイライン。



磐梯吾妻スカイライン @ 磐梯吾妻スカイライン A
磐梯吾妻スカイライン @
磐梯吾妻スカイライン A


磐梯吾妻スカイライン B 磐梯吾妻スカイライン C
磐梯吾妻スカイライン B
磐梯吾妻スカイライン C


磐梯吾妻スカイライン D 磐梯吾妻スカイライン E
磐梯吾妻スカイライン D
磐梯吾妻スカイライン E

(平成19年10月22日現在)



磐梯山をめぐる4つの湖(猪苗代湖、小野川湖、秋元湖、桧原湖)が遠望される、美しい景観の地です。



湖見峠 @ 湖見峠 A
湖 見 峠 @
湖 見 峠 A

(平成19年10月22日現在)



磐梯吾妻スカイライン。



磐梯吾妻スカイライン
磐梯吾妻スカイライン

(平成19年10月22日現在)



紅葉の頃は、ブナの樹海の鮮やかな色彩と、一筋の白布のような幕滝が絶妙で、一幅の絵を思わせます。



天風境 @
天 風 境 @


天風境 A 天風境 B
天 風 境 A
天 風 境 B

(平成19年10月22日現在)



会津盆地が遠望され、井上靖氏が落日時の景観をみて「壮麗な幻想交響詩のフィナーレを奏でるようだ」と称えました。



国見台 @
国 見 台 @


国見台 A 国見台 B
国 見 台 A
国 見 台 B

(平成19年10月22日現在)



そろそろ、終点の土湯料金所です。ここから先は温泉地が連なっています。



土湯料金所付近 @
土湯料金所付近 @


土湯料金所付近 A 土湯料金所付近 B
土湯料金所付近 A
土湯料金所付近 B

(平成19年10月22日現在)






Home紅葉編へ


E-mail: hasuda@nifty.com